水選びの方法

赤ちゃんがいるときの水選び

ウォーターサーバーが安全で美味しい水を手に入れるための手段として広まっています。電気代がかかるとはいえ、衛生管理と温度管理も同時に行えることから、赤ちゃんんのいる家庭でも安心してしようできるというメリットもあります。 しかし、赤ちゃんがいる家庭でウォーターサーバーを使用する場合には、使う水について注意することが必要です。硬水を選んでしまうと赤ちゃんがお腹を壊してしまうリスクがあるからです。日本ではほとんどの地域が軟水なので認識が低いですが、天然水の中には高度の高いものが多く、それを利用しているがために赤ちゃんに支障が出てしまうこともあるのです。より安心なものを選ぶという観点から水の硬度の情報が提供されていることが多いので、それを参考にするのが得策です。

ミネラル分の少ないRO水の活用

赤ちゃんがいる天然水を用いるよりもより安心できるのはRO水の利用です。ウォーターサーバーによってはこの両方を選択することができることもあり、大人には天然水を、赤ちゃんにはRO水をということを行うことも可能です。 RO水は逆浸透膜によってミネラル分を除いた水であるため、源泉よりも硬度が低くなっており、一般的に赤ちゃんのお腹にも優しい水になっています。また、ミネラル分が少ないことによって料理でもだしの風味に干渉しないことから、よりおいしい料理を作るのに向いている水でもあります。そういった観点から、天然水とRO水の両方を利用できるウォーターサーバーを利用して、水を使い分けるというのもよい選択肢となるでしょう。